ちょっとした自慢話

善屋のスタッフたちは、ぴちぴち女子大学生からフリーター、主婦など様々。
みんな働き者で個性的。自慢のスタッフです。

店をオープンしてから早7年。
学生さんたちは卒業とともに善屋スタッフも卒業していったり、
これまで何人もスタッフは入れ替わってきましたが、
常に「使える人材」が後を絶たないでいてくれることは、
とても幸運でありがたいことです。

飲食店、とくに居酒屋でのアルバイトはとても大変です。
立ち仕事だし夜も遅いし、洗い物で手は荒れるし。

なにより、注文を聞いたりお料理を運んだり、ドリンクを作ったりと、
一度に様々なことをこなさなくてはならず、
優先順位をつけて動くという判断力が必要で、
マルチタスク能力が問われます。

こんな大変な仕事ですから、昨今ではアルバイトの募集をかけても、
なかなか応募が無い、人が集まらないというのが、
多くの居酒屋店主の悩みの種となっているようです。

そんな世情の中で、善屋にはちゃんと「使える人材」が
来てくれているのですから、これは自慢したいですね。

そして、このスタッフたち、求人広告を出して集めたわけではないのです。

オープン当初こそ求人広告を利用したことはありましたが、
やはり費用もかかるし、問い合わせが無いよりはいいですが、
応募や問い合わせが多く来過ぎてしまうのもまた、
電話対応で多くの時間と手間をとられてしまって大変なものなのです。

では、求人広告を出さずに、どうしてそんなに良い人材を集められたのか?
それは、「勝手に集まってきてくれた」というのが正直なところ。

とある子は常連さんの息子さんや娘さんで、親の勧めで来てくれたり、
とある子はお店の雰囲気を気に入ってくれたお客さんで、
募集もしてないのに押しかけ応募をしてきてくれたり(笑)。

紹介やクチコミで自然と集まってくれていること。
これも自慢です。

人材集めに苦労している居酒屋店主が見たら、
石を投げられそうですが、これが声を大にして言いたい善屋の自慢話なのでした。

あ、押しかけ応募はいつでも歓迎です。
美味しいまかないも待ってますよー!(笑)

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード