もろこし揚げの危機!

先日、善屋名物もろこし揚げのトウモロコシが、
みのりファームさんで順調にそだってまーす♪

という記事(善屋名物もろこし揚げ育ってます)をあげたばかりだったのですが、
それが一転、とある動物によってトウモロコシに重大な危機がもたらされています。

食害にあったトウモロコシ。↓

 
 
とある動物というのは、ハクビシンです。

 
 
あ、写真間違えました。ハクビシンは尾っぽが長いんですよね(笑)。

 
正しくはこちら。画像はウィキペディアからお借りしました。↓

 

 
 
ハクビシンは明治時代に毛皮を採るために連れてきたものが野生化し、
今では山や河川敷のみならず、市街地にまではびこって色々悪さをしているようです。

一度味をしめると毎晩のように通ってくる性質があるらしく、
畑での食害被害は深刻です。

群れで生活することもあるらしく、何頭くらいで現れているのかは不明ですが、
みのりファームさんでは対策として、ハクビシン捕獲用のワナを仕掛けているそうです。

 

 
ところで、ハクビシンは中国では食用として普通に市場でも売られているとのこと。
独特の臭みがあるので、ニンニクや香辛料を多用した味の濃い煮込み料理に仕立てられるそうです。

えっと、捕獲した際にはやっぱり食べてみるんですかね・・・(´・ω・`)

そ、それはともかく、
今年もみのりファームさんの甘いトウモロコシが無事収穫できて、
善屋でもろこし揚げをご用意できるよう願っております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード